お仕事で使う業務用白タオルをスピーディー発送する業者様限定BtoBサイト

最終更新日:2019年11月20日(水)

タオルを説明します



タオルソムリエ(第0717号)
小西利明(こにしとしあき)
お仕事で使うタオルで分からないことはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

TEL:076-218-6969
FAX:076-287-5353
090-4686-4460(docomo)
080-4253-4460(softbank)
頻繁に留守にします。
お問い合わせは携帯までお気軽に!

info@towel-white.com

メールを返信しても届かない場合がございます。
お問い合わせには必ず返信しますので、電話番号・携帯番号等も記入してください。

■業務用バスタオルの特徴

オシボリ フェイスタオル バスタオル シーツタオル
匁(もんめ) 92 260 300 800 1,200 2,000
サイズ 30×30 34×86 65×130 70×140 100×200
レピア織業務用タオル

レピア織タオルとは、
タオル織機の名称で「槍(やり)」を意味し織機の部品に槍のようなものを使用するからです。レピア織機で織り上げたタオルの特徴はタオルの糸の密度が高くパイルは短く織り上がります。
タオルを織り上げるとき糸と糸の間隔を詰めてタオルを織り上げますので、織り上がったタオルは糸の目の詰まりの高い高密度のタオルに織り上がります。一般的にタオルの生地を透かして見るとタオルの糸と糸のスキマからタオルの向こう側が透けて見えたりすることが多いですがレピア織タオルではそのようなことはほとんどありません。それだけ高密度に織り上げたタオルです。
また、パイルを短く織り上げることで糸に引っ掛かりにくく、丈夫で滑らかで肌触りのよい見た目にも美しく織り上がった上質な業務用タオルです。

30番手双糸とは、
30番手双糸 細い30番手の糸を撚って1本の双糸にした丈夫で高価な業務用タオルの糸で一般的なタオルの糸(通常は20番手単糸)とは異なります。
タオルの糸を双糸(そうし)にすることで単糸(たんし)のときよりタオルの強度が高くなり、また糸の毛羽が発生しにくく、糸の引っ掛かりが少なくなるので、パイルが伸びてしまったという様な事が起こりにくいタオルです。写真は240匁30番手双糸業務用タオル【FT-105】の写真です。パイルを拡大して撮影したので毛羽が多く見えますが実際のタオル地ではほとんどわかりません。2本の細い糸が撚ってパイルができているのがわかると思います。

スレン染料とは、
塩素系漂白剤で洗濯しても色落ちしにくい性質があり一般的なタオルの染料(通常は反応染料)とは異なります。
ただし、あくまで「色落ちしにくい」性質なので過度に塩素系漂白剤を使用した場合や長時間使用される場合は色落ちすることがありますのでご注意ください。また、使い始めのときは色落ちしますので分けて洗われることをおすすめします。この現象は、どの様な染料でも発生しますが、染色の段階で余分な染料が糸につき、その余分な染料が水に濡れて溶け出す現象で余分に付いた染料を「未固着(みこちゃく)染料」といいます。
スレン染料は染色時のカラーの再現性が難しくロット差で色ぶれが発生することもあります。

耳かざりミシン加工とは、
タオルのミミをほつれない様に縫製する方法です。その縫製のことを「耳巻き(みみまき)」といいますが、その耳巻きの方法の一つです。タオルのミミとはタオルを広げたときの長い辺の部分(通常、折り曲げて縫製してあります)をいいます。
このタオルはタオルのミミを耳かざりミシン加工で耳巻きしたことで、業務用の高価な糸を業務用にきめ細かくショートパイルに織り上げたタオル地に合い、全体的にきれいに美しく織り上がった品質の良い落ちついた雰囲気のタオルに仕上がっています。お客様の前でタオルをお使いになるお仕事の方におすすめしたい業務用タオルです。

タオル・バスタオル・シーツタオルは耳かざりミシン加工ですがオシボリは耳三巻加工です。

■業務用バスタオル全アイテム

下記に記載の金額は白色の場合の税抜単価です。
詳しい金額は各ページに価格表がありますので必ずご確認くださいませ。
おすすめ順 - 価格順 - 新着順


全 [2] 商品中 [1-2] 商品を表示しています

ご覧いただいたタオル

下記に記載の金額は白色の場合の販売単価です。
詳しい金額は各ページに価格表がありますので必ずご確認くださいませ。

921-8806 石川県野々市市三日市二丁目227番地 TEL:076-218-6969 FAX:076-287-5353